項目を選択してGo!を押す
アトピーと漢方

切り傷・擦り傷・火傷・薬品によるタダレなどは、皮膚そのものの損傷で、皮膚の病気です。病気というよりは傷という表現でしょう。例えば、しもやけは皮膚に症状が出ていますが、血流が悪くなることにより生じます。漢方薬で体全体の血流を良くすれば治癒します。
症状は表面に出ていますが、けっして皮膚そのものの病気ではなく、血流の問題つまり体全体のバランスの悪さが原因です。
このようなことを体質が悪いと大まかに言っています。

アトピー性皮膚炎も皮膚の病気と考えるより、体質にバランスが欠けている結果だと考えてみた方が、良い治療効果を及ぼします。
西洋科学とは、異なった理論体系で、細かい理論ではありませんが、総合的で有機的なものです。
生命体はもともと有機的で総合的なものですので、東洋の理論のほうがより合致しています。
西洋医学では不眠は脳の病気ですから、ハルシオンなどの睡眠導入剤を用います。
これを漢方で解釈すると、精神と関係している内臓との関連を疑います。
つまり、肝(臓)心(臓)が消耗・疲れているのではないかと疑います。そしてその治療には、例えば、抑肝散加陳皮半夏(よっかんさんかちんぴはんげ)を用います。
これは肝のバランスを取り、肝の興奮を抑えるということにより、心を落ち着かせようというものです。
飲んだからといって眠くなるのではなく、自然な形で睡眠に入るものです。
アトピー性皮膚炎も、漢方はその人の体のアンバランスを治すことにより、その人自身の力で、治癒させるものです。それゆえ時間はかかります。しかし、体全体のバランスがとれてきますので、他の思わぬ効用も出てきます。
例えば、生理不順・生理痛のひどい人が、アトピー性皮膚炎が治る頃には生理不順等も共に良くなっているということがあります。
あるいは不妊の問題も抱えていた人が、アトピーが改善するにつれ、期せずして妊娠する例です。これらは当初期待していなかった事柄です。
漢方は、アトピー性皮膚炎だけでなく、体全体を改善していきますので当然といえば当然のことなのです。アトピー性皮膚炎も、漢方では、その人の体のアンバランスを治すことにより、その人自身の力で、治癒させるものです。
それゆえ時間はかかります。しかし、体全体のバランスがとれてきますので、他の思わぬ効用も出てきます。
アトピーのような慢性疾患を治そうとして、漢方薬を服用していただいた方の中には、いろいろな理由によりあまり改善しなかった方もいらっしゃいます。その理由の主なものは、漢方薬に過度な期待を寄せ、すぐに効果が出ると思っていること、そのため、3ヶ月、4ヶ月間、漢方薬服用の継続ができないためです。また、生活習慣を改めず、お酒やタバコ、お菓子類の摂取のコントロールができないこともその理由です。
小藤田漢方薬局のトップ頁に戻ります。